ヘアカラーがすぐ落ちる


2018.08.06

 HERB CARE, Product, SCALP & HAIR

ヘアカラーのお悩みのひとつ。

若いうちはそれもおしゃれのひとつですが、年齢と共に決してきれいには見えません。。。

でも、どうすることもできないというのが現状ですね。

そこで、私たちが頭皮のトラブル解決ということをテーマに、ヘアカラーやパーマなどの
薬剤の影響を最小限にするために取り組んできたことがあります。

全国のほんのわずかな美容室さんで、すでに取り組んで頂いていますが、あることをするだけで、ヘアカラーがほぼ落ちなくなります。

さて、この「ヘアカラーが落ちる原因」としてネット上で挙げられているのが、

 ① シャンプー

 ② カラー剤の種類

 ③ アイロンなどの熱

 ④ トリートメント不足

言えるのは、、、
ヘアカラーをして色が抜けるのは、ヘアカラーを続けているからです。

キューティクルをこじ開けて、薬剤を浸透させ、無理やり閉じる。
髪はすでに死んだ細胞なので、自力で治することは不可能なのでダメージを与えれば与えるほど、
同じだけ傷みが進行します。
(これは髪だけでなく頭皮も確実にダメージを受けています)

開いたキューティクルのすき間にトリートメントを埋めるだけで、その時はきれいに
仕上がったように見えます。これを1か月~2か月に1回繰り返していると、髪の内部が
不安定になり、キューティクルの中には毛髪成分ではないいろんなものが入り込み、
閉じ込めてあるので、髪はどんどん重くなり、染まりが悪くなり、何をやっても毛先は広がり、
ツヤがなくなっていきます。

そこで私たちが取り組んできた「植物エキスによるデトックス」というのがあります。
それは何をするかというと、

    ① 不要な薬剤を洗い流す

 ② 髪から失われたタンパク質やミネラル成分を補給する

 ③ 頭皮や髪の水分を保つ

 ④ キューティクルを閉じる

 ⑤ 根元のうねりが解消される

頭皮と髪を洗い流すだけで、トリートメント剤を使わずに、この5つのことが一度にできるという不思議なケア。
植物はバランスを整えることが得意で、これが結果的に「ヘアカラーの色を保つ」ことになります。

たったそれだけですが、実はそれがなかなか解決しない課題でもあります。

これまでのハーブの研究では、頭皮や髪の水分と油分、栄養の状態を良くすれば、色落ちはしないということです。

このケアをカラー後に続けることで、色を長く保つことができます。
ただ、毛先はどんどんバサバサになっていくので、毛先2cmほどはトリートメントが必要かもしれません。
(トリートメントをしない場合、今までのカラーやパーマによってダメージを受けた髪がもろに露出します)

カラー剤は時間が経てば経つほど定着していくので、カラー直後のケアが最も効果的。
美容室ではこういったハーブを使ったケアをします。

 

ハーブケアを扱う美容室でのヘアカラーは、カラーが長持ちすることや根元のツヤやハリが
保てること、カウンセリングをしてもらえることがメリットです。
数か月もすれば、髪質の変化をしっかりと感じます。

◎ 取扱いサロンリスト(扱っていないサロンもあるのでまずはお問い合わせしてください)

ハーブはこれまでの美容とは全く違ったケアをするので、理解できる方が少なく、取扱いサロンは
とても少ないです。ですので近隣に無い場合は、自宅用ハーブ美容液トリートメントがお勧め。
面倒ですが自分で作ります。
カラー後、早ければ早いほど良いです。

近隣に無い場合は、自宅用ハーブトリートメントがお勧め。面倒ですが自分で作ります。
カラー後、早ければ早いほど良いです。

ハーブスリーフ
1回分 2,300円(税別)
※美容室でのトリートメントケアをせず、帰宅後にご使用ください。

4種類のうち、カラー後のお勧めは 「うららか」「あかり」です。

THE HERSのシャンプーラヴェとハーブ美容液で、これまで気になっていたヘアカラーの
お悩みがなくなっていきます。

THE HERBS